「人を助ける」「人にやさしい」
そんな機械を創り続けたい。

キシ・エンジニアリングでは創業以来、医療福祉分野や農業・工業等の現場に密着した機械・ロボットの開発・製造に力を注いでいます。
「現場から生み出す製品」を創ることにこだわり、他社には類をみないオリジナリティの高い製品を創り続けています。

省力機械・ロボット製造

高性能でありながらシンプルな設計で
軽量・低コストを実現しています。

詳しくはこちら →

介護・福祉機器の製造

高齢者・障害者の「自立を支援する」
機器を中心に開発・製造しています。

詳しくはこちら →

医療機器の開発・製造

脳障害者用の人工呼吸器を開発し
海外でも広く使用されています。

詳しくはこちら →

Products

キシエンジニアリングの製品の一部を
ご紹介します。

さばーる

酸素ボンベ架台

さばーるKW300(病院向多機能リハビリ用歩行器)

介護保険レンタル対応

(TAISコード:00398-000023)

定価:88,000円(非課税)

介護レンタル料:約400円/月

標準付属品

点滴棒

酸素ボンベ架台

小物入れ

商品概要

本歩行器はリハビリ病院と共同開発した商品です。

酸素ボンベと点滴棒が歩行器と一体型にセットできます。

本体は焼付塗装とクロムメッキで仕上げてありますので、長年使用しても清潔で美しさを保ちます。

広い肘乗せ台(前腕支持台)がついていますので、体重を支えることができ、長時間歩いても疲れません。 腰も伸びて姿勢よく歩行リハビリができます。

ハンドルは逆V字型なので、持ちやすい形状です。

ハンドルが前後に反転する構造となっていますので、1本で3役をこなします。

立ち上がりイメージ
後ろに倒して立ち上がりに使います。
後ろに倒すと自動的にブレーキがかかります。
歩行時のハンドルイメージ
前に倒すと歩行時のハンドルになります。
歩行時、立上り時イメージ

酸素ボンベ架台が標準でついています。酸素ボンベを差し込むだけで歩行器からはみ出ることもなく、しっかり保持されます。歩行器のバランスも崩れません。

点滴棒取付金具が標準でついています。棒を上から差込み、ロックします。身長に合わせ高さが自由に変えられます。

酸素ボンベ架台

小物入れが標準でついています。バックや財布・携帯を入れることができます。リハビリを兼ねて、散歩したり売店で買い物をする時にとても便利です。

小物入れ

ハンドルの高さ調節は、容易にできます。写真のようにノブを引いてロックをフリーにし、希望の高さで再度ロックします。ハンドルが落下しないよう必ず支えながら行います。ノブがロック位置でハンドルを上下にスライドしてパチンと音がしたらロックされます。

引いた時
引いた時
ノブを回してフリーに
ノブを回してフリーに
元に回してロック
元に回して
ロック

すいすいカートKW130

オプションカラー

すいすいカートKW130

介護保険レンタル対応

(TAISコード:00398-000034)

定価:88,000円(非課税)

介護レンタル料:約400円/月

商品概要

スーパーマーケットや図書館などで使用するカートです。美しいデザインですから、公共の場においてもよくマッチします。

広い肘乗せ台(前腕支持台)がついていますので、体重を支えることができ、長時間歩いても疲れません。腰も伸びて姿勢よく歩行ができます。

ハンドルは逆V字型なので、持ちやすい形状です。

すいすいカート画像

ブレーキがついており、ブレーキレバーを片手で握れば一瞬で止まります。フックを回して引っ掛ければブレーキがロックされます。もう一度ブレーキレバーを握ればフックは自動的に外れます。

本体幅が50cmとコンパクトな設計にしているおり小回りができますので、図書館の狭い本棚の間でも余裕をもって移動できます。

小物入れが標準でついています。

すいすいカート画像

下方には荷物カゴが標準でついています。バッグなど荷物入れとして使ってください。
杖、傘立てが標準でついています。

すいすいカート画像

車輪が軽く回りますので、たくさん買い物をしても軽々と移動できます。

図書館ではとても便利なカートです。重い本もたくさん運べゆっくり本を選びながら移動できます。

とても重い本でも肘乗せ台の間に乗せると机の代わりになり、ゆっくりページがめくれます

すいすいカート画像

本体幅が50cmとコンパクトな設計にしているおり小回りができますので、図書館の狭い本棚の間でも余裕をもって移動できます。

ショッピングセンター備え付けの買い物カゴを乗せる枠がついています。買い物カゴには15kgまで乗せることができます。

ハンドルの高さ調節は、容易にできます。写真のようにノブを引いてロックをフリーにし、希望の高さで再度ロックします。ハンドルが落下しないよう必ず支えながら行います。ノブがロック位置でハンドルを上下にスライドしてパチンと音がしたらロックされます。

Topics

新着情報をお知らせします。

資料請求・お問い合わせは
こちらから

当社製品のご紹介